敷地に入ると出迎えてくれた排気口。 最大限に稼働していた頃も、今もその中は暗いままで、案外けなげに「次の仕事はまだなのだろうか?」と待っているのかもしれない。

一覧 | 次へ